京都で勉強会 〜バス釣りの未来を考える〜 を開催します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

情報共有の場として

明日2017/06/30夜、京都駅近くで「バス釣りの未来を考える」をテーマに、勉強会を開催します。

勉強会では、フィールドを守るための活動について、またバス釣りに対する理解を得るために活動している方々について、情報を共有する予定です。

昨年10月には大津で、今年1月には名古屋で同様の勉強会を開催しました。

 

Facebookの非公開グループPub Anglersでイベントを投稿していますので、参加ご希望の方はまず非公開グループにご参加ください(バサー限定です)。

 

勉強会でお伝えしたいのは、まず、こんな思い込みを解除すること。

バス釣り業界の人はなにもしてない、だれも何もしていない ←まず自分が行動すれば、必ず行動している方と出会えます。

ゴミ拾いしても無駄  ←誰にもなにもいわずゴミだけ拾うのではなく。その先へ。

今さらなにをやっても無駄 ←情報を集めれば、可能性が見えてきます。そして、仲間も見つかります。

 

相互理解がキーワード

ネットでただ批判や持論を展開しても、問題は解決しません。

現状を把握し、反対の立場にある方たちの考え方も理解し、尊重することから始まります。

バス釣りをしない方々とも友好的な関係や信頼を構築して理解を得るには、どうすればいいのか。

ひとりひとりが考えて、行動を変えることで、未来は変わっていくのだと思います。

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。